2020年5月12日(火)

つれづれ日記

免疫力アップは腸環境から

新型コロナウイルスの感染者数が、毎日、毎日、気がかりです。

健康でいるためには免疫力をあげることが、とても重要だと云われています。

 

今回は、免疫力をあげる食材紹介です。

 

きのこの栄養成分「β(ベータ)-グルカン」

納豆のアミノ酸「アルギニン」

ヨーグルトの「乳酸菌」

そして、海藻の食物繊維「フコイダン」

 

 

昆布やわかめなどの海藻には粘り気があります。このネバネバは「フコイダン」という水溶性の食物繊維です。

「フコイダン」には小腸を通過する際に、免疫細胞のNK細胞やマクロファージを活性化する仕組みがあるようです。

だから、昆布は出汁をとった後、食べずに捨ててしまうと、フコイダンが摂取できないので、食べるほうが良いそうです。

出汁をとった後は醤油やみりん等で味付けをするとおいしくいただけます。

 

腸環境を整える食品を毎日継続して食べることで免疫力アップにつながります。

昆布は低カロリーですし、毎日食べ続けられそうです。

 

●大臣ジャーナルVol53より引用