2013年4月15日(月)

つれづれ日記

昆布の俳句とミニミニ辞書のお話

こんにちは。 似顔絵描いてもらった、美味しい新米A子です。 後はネーミングです。ちょっと待っててくださいね。

 

今日は空気も温んで、過ごしやすい1日でしたね♪   さて、今回は事務所の机の上に春を見つけたのでご紹介します!
つくし、たんぽぽ、チューリップ、さくら草…暖かい土の香りがしてきそうな、うれしいお便りです*
bunka02.jpg

よく見ると「昆布と日本人」という文字が見えるのですが…

そう、社長の著書をお読みになった方からのお手紙でした*   感想が俳句になっていて、俳句の中には”おくいたかし”の文字が!!凄いです…がく~(落胆した顔)

厳しい自然と沢山の人の手が、美味しい昆布を育みお届けしているということ。

そうしてお届けする昆布を、沢山の方に味わっていただきたい…と社員一同、思いを強くするのでした。
 。 。 。 。 。
ふと社長の机を見ると、マウスの横に何やら可愛らしいものが!

bunka04.jpg

こちらは、社長愛用の英和辞書兼和英辞書…本当にかわいいです♪

そしてとても便利!  ちなみに昆布は英語でkelpと言うそうです^^
  すごぉぉぉく、使い込まれています。
学生時代から、肌身離さず、お持ちになっておられたそうで。。。   この辞書は、どんなにか多くの世界を巡り、どれほどか社長の手助けをしたのか、

すり減り具合が物語っています。ふらふら

やはり、  生涯、離せないものを見つけ、生涯にわたり身につけたい・・

そのように強く感じる発見でした。

 

 

usui-san.jpg新米A子でした。