2019年7月8日(月)

つれづれ日記 トピックス

利尻島・礼文島視察訪問

こんにちは、岡田です。

この7月4日から7日にかけまして、利尻昆布の産地であります、利尻島、礼文島を視察訪問してきました。社長と私と、今回はコレド室町店の吉田も同行いたしました。

現地の各漁協さんでは今まさに漁の最盛期。

養殖昆布(天然の解禁はもう少しあとだそうです)の他、うに、なまこ、ほっけなど、あらゆる物が水揚げされておりました。

ちょうどホッケを網から外す作業をしておられたので見学。

一匹ずつ丁寧に扱っておられました。

 

また、昆布の結束作業も見学。

昆布漁はまだ始まったばかりということで作業小屋のスペースにはまだ余裕がありました。

これからの天気次第でまだまだ身が入ってくるとのことでした。

緊張して直立不動の吉田社員。

このあとさらに緊張する場面が・・・・

結束作業体験。

「はさみの握り方がなっちょら~ん!!」

などとビシバシ指導されることはなく、やさしく手取り足取り教えて頂いておりました。

しかし見ているだけでたいへんな工程です。

これだけの手間を得て結束され送られて来る昆布。

ありがたく、大事に扱わなければと改めて感じました。

 

さらに昆布の干場も見学。

乾燥中に昆布が重なったりするとくっついてしまうとのことで、並べなおしているのだそうです。

靴にはなんと警察の鑑識が使用するカバーがかけられており、漁師さんたちの昆布に対する想いが伝わりました。

漁協の方々とのお話の中で、今年の昆布の状況は厳しいとのことではありましたが、できるだけがんばって漁っていただけるとのことです。

消費者の皆様方にはご不便をおかけすることがないよう、

十分な数量を囲っておりますのでどうかご安心を!