昆布と食文化


  • ニュースリリース
  • 奥井海生堂Facebookページ
  • 奥井海生堂のご進物
  • 昆布と日本人
  • メディアに掲載されました
  • 採用情報
  • 昆布LIFEブログ
  • 奥井海生堂オンラインショップ
  • 奥井海生堂社内お弁当コンテスト
  • 和食文化国民会議

HOME > 昆布と食文化 > 和文化と食コラム : 食コラム/お箸のマナー

和文化と食コラム:食コラム/お箸のマナー


 日本人ならお箸は毎日使うもの。この常識も今では崩れつつあるようです。食の多様化に伴い、ナイフやフォークを使うシーンも増えました。ハンバーガーやドーナツなど、箸を使わずに済ませられる食事の機会も沢山あります。
 でもやっぱり、箸の使い方は知っておきたいものです。以下に、基本的な「お箸のマナー」をあげてみました。
 沢山あって面倒なようにも見えますが、おぼえておきたいことは一つ、「同席の方を不快にさせず、たのしく食事をとること」。これは箸に限らず、すべてのマナーに通じること。美味しいお料理も、楽しく食べてこそ、です。


箸の持ち方

1本を親指・人差指・中指で持ち(鉛筆を持つ要領)、もう1本を中指と薬指の間に挟みます。
親指・人差指・中指で持っている方を動かし、薬指で支えている方は動かさないことに注意しましょう。

また、膳の上にそろえられている箸をとる際には、以下の所作をとると美しく見えます。

1. まず利き手で箸の上部をとり、そのまま持ち上げます。
2. 反対の手を、箸の下部に、下から受けるように添えます。
3. そのまま利き手を箸の上部に滑らせていき、端で手を返し、添えてある反対の手の隣まで利き手を箸に添えて滑らせていきます。
4.利き手で箸を正しく持ちます。


嫌い箸

一般的にマナー違反とされる箸の使い方。忌み箸、禁じ箸ともいわれます。

・洗い箸:汁物などで箸先を洗う所作。
・合わせ箸:箸同士で料理を受け渡す所作。遺骨を拾う行為を想起させるため忌まれる。箸渡し、拾い箸とも。
・受け箸:箸をおかず手に持ったままでおかわりをする所作。
・移り箸:箸をつけたのにも関わらずその品を食べずに他の品へと移る所作。渡り箸とも。
・掻き箸:箸で食べ物をかきこむ所作。または、箸で頭などを掻く所作。
・噛み箸:箸を噛む所作。
・銜え箸:箸をくわえる所作。
・込み箸:食べ物を無理に口に詰め込む所作。
・こじ箸:器に盛られた料理の中から好みの食材だけを探す所作。
・探り箸:汁椀の底に具が残っていないかと、箸を椀の中でかき回して探る所作。
・指し箸:箸で人、物を指し示す所作。
・直箸:取り箸を使わずに大皿料理を自分の箸で取る所作。気のおけない食事の場合、あえて「直箸で」とすすめることもある。
・せせり箸:箸を楊枝がわりに使う所作。また、箸で食物をつつきまわす所作。
・揃え箸:箸を食器等に突き立て揃える所作。
・叩き箸:箸で食器を叩き音を出す、又はその音で人を呼ぶ所作。
・違い箸:異なる対の箸を用いる所作。
・突き箸:料理に箸を突き刺して食べる所作。刺し箸とも。
・涙箸:箸先から料理の汁を落とす所作。
・握り箸:箸を正しく持たず、片手で握って食べる所作。
・舐り箸:箸をなめる所作。
・撥ね箸:嫌いなものなどを箸でのける所作。
・仏箸:箸をご飯に突き刺して立てる所作。仏式の葬儀の時にご飯を死者に捧げるやり方のため忌まれる。
・迷い箸:どの料理を口にしようかと迷い、料理の上で箸を動かす所作。惑い箸とも。
・持ち箸:箸を持った手で同時に他の食器を持つ所作。
・寄せ箸:箸で食器を手元に引き寄せる所作。
・渡し箸:箸を置く際、器の上で横にかける所作。

ページトップへ