昆布と食文化


  • ニュースリリース
  • 奥井海生堂Facebookページ
  • 奥井海生堂のご進物
  • 昆布と日本人
  • メディアに掲載されました
  • 採用情報
  • 昆布LIFEブログ
  • 奥井海生堂オンラインショップ
  • 奥井海生堂社内お弁当コンテスト
  • 和食文化国民会議

HOME > 昆布と食文化 > 食文化活動 : 黒龍の銘酒と懐石を楽しむ会~海生堂・食の文化サロン

黒龍の銘酒と懐石を楽しむ会~海生堂・食の文化サロン



食の文化サロン、第2回にあたるこの会は、奥井海生堂神楽本店のリニューアルおよび、
黒龍酒造様とのアライアンスの1周年を記念する目的で催されたものです。
日本を代表する名蔵元の銘酒と、料亭の粋を傾けた懐石料理のマリアージュを
楽しんでいただこうという趣向で、黒龍酒造様には、貴重なお酒の提供をはじめ
様々な御協力をいただき、普段には味わえない黒龍の世界を堪能させていただきました。



日時:平成19年9月1日(土) 13:00~
ところ:懐石 かどの(福井県敦賀市)




後列左から黒龍酒造社長水野直人様、㈱フォーシーズ専務松井件様、料理研究家の松本忠子先生、
前列中央は料理評論家の山本益博先生。
地元、県外から26名をお招きいたしました。







奥井海生堂、黒龍酒造の両社長からの挨拶の後、サロンの始まりを告げたのは、
祇園の舞妓さん、芸子さんによる伝統の舞。
嫋嫋たる調べに乗せて艶やかに舞われる姿に、会場は皆、目を奪われていたようです。
視線や立ち居振る舞いの一つ一つ、流れるような動きの中に秘められた芸の確かさは、
まことに眼福という他はありませんでした。
石田屋/黒龍酒造









目に、舌に、秋を伝える料理。
そして料理とのバランスを考慮しつつ、頃合をはかりはこばれる銘酒の数々。
出席された方々は、滅多にない黒龍の貴重酒のデギュスタシオンの機会を存分に楽しまれたようです。








宴の場をクラブハウスに移した後も、歓談が続きました。


★当日の模様を弊社社員によるブログでもお伝えしております★
→http://yamaboushi.meblog.biz/article/117267.html




本サイトに掲載される記事および写真等べての著作権は、
株式会社奥井海生堂に帰属します。 無断転載はご遠慮願います。



ページトップへ